痛風の診断

痛風財団の公式サイト痛風でお悩みのあなたにおすすめサプリランキング


痛風の診断

痛風はいまや、怖い病気ではありません。プリン体も気にしないで、楽しんで痛風と付き合っていきましょう。これは、なんの注意も対策もいらないといっているわけではありません。病気と自分の状態ををきちんと知っておけば恐れるに足りない病気であるといっているのです。そのためにも、きちんとした診断を受け、自分がどんな状態にあるかを知っておくことが大切です。

痛風の激痛発作は、ある日突然起こります。痛風発作の特徴である①激痛、②患部の熱、③患部のてかりと発赤、④腫れ、、、の四つがそろっていれば、痛風と考えて間違いないでしょう。ほとんどの人は、激痛発作が起こった時点で医師にかかります。そのままではあまりの激痛のために日常の仕事にも差し支えるのですから、当然でしょう。
痛風発作は、のたうちまわるほどの激痛が足の患部に起こるのが特徴で、激しい痛みは二~三日続き、一週間ほどで消失する場合が多いのですが、中には「それほど痛くなかった」という人もいます。激しい痛みは一日ほどで軽快し、二~三日で痛みが解消する場合もあります。
このように、激しい痛みが起こるといっても、いくらか個人差があります。そして、痛みが起こったあとの行動も人によっていろいろです。痛みが起こったあとの行動も人によっていろいろです。すぐに医師にかかる人は多いのですが、激しい痛みが長く続いてもじっと我慢して医師にかからない人もいます。痛みがそれほどひどくなく、長引かない場合も石にかからないことがあります。

痛風発作が起こったとき、すぐに医師にかかったほうがいいのか、すぐにかかったほうがいいに決まっています。何よりも、激しい痛みを早めに解消すれば楽になります。仕事も生活も支障なく出来るようになります。そして、診察と検査を受けて、なんの病気なのかがはっきりします。尿酸値だけでなく、いろいろな検査値も調べられます。自分の身体の状態がわかり、これからどうすればいいのか、方針を立てることができます。

すぐに医師にかからない場合はどうでしょう。痛みはずっと続きます。苦しまなくてはなりません。痛みに苦しむよりは、痛みのない生活のほうが楽なのでは、ないでしょうか。病院や医師が好きでないという人もいますが、痛みはすぐに楽になるのですから、痛風の発作が起こったときくらいは大いに利用してほしいものです。

医師にかからずに痛風の発作を我慢していると、どんなひどい痛みでも数日で激痛はしずまり、一週間ほどできれいに解消します。それから医師にかかるでしょうか。そんな人はまずいません。結局、医師にかからないわけです。

すると、激痛発作がほんとうに痛風だったのか、患者さんがどんな状態なのか、何かほかに問題はないか、などは知ることが出来ません。これでは自分の健康を守るのは難しくなります。一番良くないやり方だと思います。痛風の発作らしきものが起こったときは、すぐに医師の診断を受けて、痛みをしずめるとともに検査を受けて身体の状態を把握しましょう。

痛風の診断と検査

更新

昔は贅沢病と言われていた痛風も今や、食生活が激変し、誰でもなる可能性のある病気なりました。
激しい痛風発作に襲われないためにも、自分の尿酸値を知り、正しく尿酸をコントロールしていれば痛風は恐れる病気ではないのです。ぜひこのサイトをお役立て下さい。

治療・予防について


痛風の症状、予防や治療でお悩みの方におすすめなのが、毎日の食事と共に簡単に取り入れられるサプリメントです。
当サイトでは、アンケート調査から選ばれたオススメサプリを利用者の口コミ・痛風財団の評価を合わせてランキングでご紹介しております。

痛風症状・痛風治療の方へ【痛風の食事おすすめサプリランキング】